矯正治療とは

歯の矯正の目的は

歯やあご全体が正しく機能できるようにし、心身の健康をつくることにあります。 「歯並びが悪い」「よくかめない」ような状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」 といい、そのような状態を治療するのが歯科矯正治療です。

不正咬合の障害

よくかむことができない
発音しにくい
あごに負担がかかりやすい
といった他に、
歯磨きがしにくいため、虫歯や歯肉炎の原因になる
見た目のコンプレックスがある
などの障害が予想されます。

不正咬合には

出っ歯、受け口、八重歯、乱抗歯、前歯がかみ合わない、あごがゆがんでいる、 歯が生えてこないなどの色々な不正がありますが 大別すると「歯による不正」「あごによる不正」の2つに分けられます。

「歯による不正」に対する治療

永久歯がはえていて、歯ぐきが健康ならば大人になってからでも可能です。 最近では大人の矯正例も増加しておりますし、義歯を入れやすくするための 矯正なども行われるようになりました。

「あごによる不正」に対する治療

早期治療によって乳歯が残っている時期から、あごの成長をコントロールしたり あごを拡大して歯を生えやすくしたりします。 またそのような治療では補えない、下あごが著しく大きい下顎前突やあごの変形 に対しては手術を併用して治療していく方法もあり、このような場合、特定の 歯科医院では保険で治療できるようになったこともあって治療例も大幅に増加 してきています。当院はこの指定を受けています。

矯正治療とは

矯正歯科学会の認定医・専門医・指導医です

歯並び、かみ合わせに関することなら、お子様から大人の方まで安心して ご相談ください。
院長は日本矯正歯科学会から認定医・指導医の資格を、 また日本成人矯正歯科学会から認定医・専門医の資格を受けています。 副院長は、日本矯正歯科学会認定医です。

初診相談が無料です

最近、矯正に関する情報は様々な所で見られるようになりました。
しかし実際の治療方針や計画は、その人の症状によってそれぞれ異なります。 当院では、初診相談が無料で院長がご説明いたしますので、お気軽にご相談 ください。 セカンドオピニオンも受け付けております。

保険治療が受けられます

当医院では、国の指定する一部の病気(特定疾患)の矯正診療が保険で 治療できます。さらに、受け口やあごの変形などの外科手術を必要とした 場合の矯正治療も保険で受けられる指定医療機関です。
また、当医院は指定自立支援医療機関であり、 顎口腔機能施設基準適合医療機関です。

◎指定自立支援医療機関

指定自立支援医療機関(育成・更正医療指定機関)とは、障害者自立支援法 第59条の規定により、自立支援医療(育成医療・更正医療)を実施する ために、都道府県知事の指定をうけた医療機関です。 この医療機関では、口唇・口蓋裂およびその他の特定疾患患者に対して、 健康保険での矯正治療が可能となります。 また、患者の自己負担分についても、一部が公費で補助されます。

◎顎口腔機能施設基準適合医療機関

顎口腔機能施設基準適合医療機関とは、指定自立支援医療機関であり、 さらに一定の施設基準を満たし、社会保険事務局に届け出を行った 医療機関です。 この医療機関では、顎変形症(あごの骨を切る手術を必要とするもの) の手術前後の歯科矯正治療にも健康保険が適用できます。

大学病院との密接な連携

院長は久留米大学医学部の非常勤講師として週に1度、大学病院の外来で診療 を行っています。それにより大学との密接なチーム医療ができ、最先端の治療 技術を診療に取り入れ、質の高い治療を提供することが可能になります。 例えば、顎変形症などは矯正治療と外科治療の密接な連携が必要です。 また最近では、インプラント(骨内に土台を埋め込んで行う入れ歯)を行い やすくするための矯正なども口腔外科、補綴(入れ歯)科とのチーム アプローチが重要となります。

女性歯科医師(認定医)が常勤しています

女性歯科医(副院長)の診療をご希望の場合は対応いたしますので お気軽にお申し出ください。